“奧齒”の読み方と例文
新字:奥歯
読み方割合
おくば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にのら/\としてれば、兩親より、如何いわ、とつてじや手前据膳突出して、小楊枝奧齒加穀飯をせゝつてはられぬから、ツぽくへて
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此間からかと奧齒まりて一々にかゝるし、には取違へもあるをか下心んでしだてゞはいか、此間小梅、あれではいかな、れならば大間違ひのなし
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
宗助此朝くために、わざとけて楊枝使ひながら、らしてたら、廣島めた二奧齒と、いだらした不揃前齒とが、かにつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)