“奧方”の読み方と例文
新字:奥方
読み方割合
おくがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
齋藤嫁入つては原田奧方ではないか、さんのにしてめてさへけば子細
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
いふ心夢とは平生こゝろに思ふ事を見るをいふなりこの時奧方の見給ふは靈夢にして天下の主將べき後々思ひしられたり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
揚場から奧方ける。一寸つてくが、裸體でない。衣紋しくとつたで、からの厚化粧威儀はつたものである。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)