十三夜じゅうさんや
例は威勢よき黒ぬり車の、それ門に音が止まつた娘ではないかと兩親に出迎はれつる物を、今宵は辻より飛のりの車さへ歸して悄然と格子戸の外に立てば、家内には父親が相かはらずの高聲、いはゞ私も福人の一人、いづれも柔順しい子供を持つて育てるに手は懸らず …
作品に特徴的な語句
しよう 父親ちゝはゝ 可愛かあひ 可憐かわゆ たましゐ よし ことはり 必定ひつぢよう 強請ねだつ かゝ いぢ とゝ こと 洋傘かふもり 仕舞しまは うま あげ ぱう をつ ゑん わづ あつ たつ たん もの なほ かたじけ 上手じようず おろ まをし おつ どほ だて ほん いづ うつ こゝろ 母樣はゝさん いれ たゝ わけ いつ あなぎ いづ 父親ちゝおや ゆき 不幸ふしやはせ うへ きらびや しほ 女房にようぼ わし じやう 悉皆しつかい 此方こち はぢ 惡戯おいた ぎは 先刻さきほど そめ やは ばかり 良人おつと あら かは 口惜くちを 御前おまへ はゝ きゝ あたゝ まへ ことは ぶり 提燈ちようちん さふらふ ちゝ あひだ 心懸こゝろが 再度ふたゝび あは いへ いで とこ 出入でい かわ よく 衣類めしもの たび 調とゝの 可愛かわゆ 丁度てうど
題名が同じ作品
十三夜:――マニラ籠城日記 (新字新仮名)尾崎士郎 (著)
十三夜 (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
十三夜 (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)