十三夜じゅうさんや
例は威勢よき黒ぬり車の、それ門に音が止まつた娘ではないかと両親に出迎はれつる物を、今宵は辻より飛のりの車さへ帰して悄然と格子戸の外に立てば、家内には父親が相かはらずの高声、いはば私も福人の一人、いづれも柔順しい子供を持つて育てるに手は懸らず …
作品に特徴的な語句
ことはり よし 母様ははさん 可憐かわゆ 悪戯おいた 強請ねだつ いぢ 父様ととさん こと かか 小児ちツさい 母様つかさん 洋傘かふもり わづ もの とと たつ おろ 音声ものごゑ 何処どちら かたじけ 毎々ことごと ほん 父様とつさん まをし だて 不幸ふしやはせ した おつ いづ いつ 女房にようぼ ゆき きらびや しほ いづ わけ 唯々はいはい わし たた ぎは 此方こち 先刻さきほど 行逢いきあ そめ 良人おつと 口惜くちを なつか 悉皆しつかい 提燈ちようちん 当然あたりまへ 平常つね 正当しようたう いつ たび しうとめ 女子をんな 夫婦めをと まさ かみ やは 可愛かわゆ とつ さふらふ 言条いひでう いさむ 衣類めしもの いで 金輪きんわ 平常へいぜい ぐらゐ はり 余程よつぽど いつも より かぢ 暫時しばし かた 滑稽おどけ 交際つきあひ きは けぶり ねら 見物 放蕩のら 太郎たろ 音信いんしん 呑込のみこん しん
題名が同じ作品
十三夜:――マニラ籠城日記 (新字新仮名)尾崎士郎 (著)
十三夜 (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)
十三夜 (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)