“奧津”の読み方と例文
新字:奥津
読み方割合
おきつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれその先に生れませる神、多紀理毘賣の命は、胷形奧津一八にます。次に市寸島比賣の命は胷形の中津宮にます一九。次に田寸津比賣の命は、胷形の邊津宮にます。
奧津潮騷すべりゆく近くむれふ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
始め松平左近將監酒井讃岐守戸田山城守水野和泉守若年寄には水野壹岐守本多伊豫守太田備中守松平左京太夫御側御用人には石川近江守寺社奉行には黒田豐前守小出信濃守土岐丹後守井上河内守大目附には松平相摸守奧津能登守上田周防守有馬出羽守町奉行には大岡越前守諏訪美濃守御勘定奉行には
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)