“本多”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほんだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“本多”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
右少将うしょうしょうさまにもうしあげます。ただいま、ご家臣の本多ほんださまがお国もとからおこしあそばしました」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
跡部の手は停止した。与力本多ほんだや同心山崎弥四郎やまざきやしらうが、坂本に「打ちませうか/\」と催促した。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)