死処ししょ
夏目吉信(次郎左衛門)が駈けつけたとき、大ひろ間ではすでにいくさ評定がはじまって、人びとのあいだに意見の応酬がはげしくとり交わされていた。 「父うえ、おそうござります」 末座にいた子の信次が、はいって来た父吉信をみて低いこえで云った。 「今 …
作品に特徴的な語句
あまた たすか たたかい とせ つか たゆ おお うけたま 蹈込ふみこみ ぢか 乗馬じょうめ 信次のぶつぐ むせ のち 数正かずただ じに から 退 はい そそ 一期いちご ぬし 二俣ふたまた 五躰ごたい 今日こんにち あたい 信玄しんげん 元亀げんき おか 切尖きっさき 勝頼かつより 参河みかわ 口髭くちひげ 古塁こるい きみ いな くちびる のど 囂々ごうごう くに すわ 天龍てんりゅう 家忠いえただ 康純やすずみ 心懸こころがけ 応酬おうしゅう 忠勝ただかつ 忠次ただつぐ 忠真ただざね 怒濤どとう 拝揖はいゆう 斥候せっこう 旗本はたもと くら 暗澹あんたん さら 本多ほんだ きた 榊原さかきばら やぐら 歓声かんせい 此処ここ 武名ぶめい 武田たけだ 死處ししょ 永禄えいろく 浜松はままつ 瓦礫がれき 甲州こうしゅう 疋夫ひっぷ 直垂ひたたれ 真向まっこう 矢倉やぐら 石川いしかわ 篝火かがりび 老獪ろうかい 脛当すねあて ひざ おく あおい あお いみな そし 蹂躙じゅうりん 躊躇ちゅうちょ