“永禄”の読み方と例文
読み方割合
えいろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
永禄あるいは文禄年間に琉球から伝わった蛇皮線を日本人の手で作りかえた、それがだんだんポピュラーになったものらしい。
日本楽器の名称 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
この話は「続武家閑話」にったものである。佐橋家の家譜等では、甚五郎ははやく永禄六年一向宗徒にして討死している。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
使者は四条坊門の南蛮寺を訪れて、永禄以来日本に来ている宣教師オルガンチノをれてふたたび信長の陣所天野山へ帰った。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)