“長久”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とは42.9%
とこしへ28.6%
ちやうきう14.3%
ちょうきゅう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なれが刹那を長久にせよ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
あゝ、無言にしてえ立つ飛騨の山脈の姿、長久荘厳な自然の殿堂——見れば見る程、蓮太郎も、丑松も、高い気象を感ぜずには居られなかつたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
むがれは本家とてひもかるべくとて信用きならねど彼方七分あるこゝにはかに三分のみ繁榮長久松澤きにしかずつは容色れたればとてもつの金庫芳之助とのえにしえなば地面持參もなきにはあらじ一擧兩得とはこれなんめりと
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それは、御身のため、長久の計でもあろう。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)