“貞応”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうおう50.0%
ていおう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼自身は承久乱の年は六十歳で、その翌貞応元年従二位に昇ってから、六十六で正二位、七十一歳で権中納言に就き、七十二歳で出家、仁治二年八月、八十歳を以て薨去した。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
貞応二年二十六のとき、出家しようかと思いつめて慈円になだめられ、日吉参籠して一七日の間に千首歌を詠んだ。これが『為家千首』といって、今も『群書類従』に入れられて伝わっている。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
其の元祖藤四郎という人がヘーシを発明致したは貞応の二年、開山道元に従い、唐土へ渡って覚えて来て焼き始めたのでございましょうが、これが古瀬戸と申すもので、安貞元年に帰朝致し
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)