“貞和”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうわ50.0%
ぢやうわ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうした中で、『続後拾遺集』から二十一年目、正平元年(貞和二年)十一月九日に、光厳院御自撰で成ったのが『風雅和歌集』であった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
神主宮氏の家に貞和文明の頃の記録今にせり。当主文雅吟詠にもり、雅名正樹といふ。同好を以てむ。幣下社家諸方にあまたある大社也。