“貞享”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうきょう75.0%
ぢやうきやう12.5%
じやうきやう4.2%
ていきやう4.2%
ていきょう4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西鶴は俳諧師で、三十八の歳延宝八年の頃、一日に四千句詠じたことがある。貞享元年に二万三千五百句を一日一夜のうちによんだ。
明治十年前後 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
初君が古跡寺泊り、里俗初君屋敷といふ。貞享元年釈門万元といふ初君が哥のありしが、断破しを享和年間里入重修して今にせり。
矢場が魔窟になつたのは、天保以後から明治にかけてのこと、貞享、元祿、享保——の頃は、なか/\品格の高い遊戯で、矢取女も後の矢場女のやうなものではありません。
る程のものならんとありしことなり貞享甲子正月廿日玉の如くなる御男子誕生まし/\ければ大納言光貞卿をはじめ一家中萬歳
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
男達と云うものは寛永年間の頃から貞享元禄あたりまではチラ/\ありました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)