“誕生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんじょう60.0%
たんじやう40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから人間歿なる場合にも、一に受附けてくださるのが、矢張産土神様で、誕生のみがしてそのお受持ではないのでございます。
この小さな天皇には、ご誕生のときに、ちょうど、といってるときに左のにつける革具のとおりの形をしたお盛肉が、おに盛りあがっておりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
受け御手當金百兩と御墨附御短刀まで證據下されしこと物語ればお三は大いにび其後は只管男子の誕生あらんことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これらは大方今年六ツになるのわたしたちの玲子——千は、まだやつと一のお誕生がきたばかりで、りません——に、寐床のなかなどで
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)