“神様”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみさま94.1%
カムイ5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神様”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)15.4%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語(児童)8.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたくしはいつしかこの神様かみさまを『おじいさま』とお申上もうしあげるようになってしまいました。
かく神様かみさまんなききわけのないわたくし処置しょちにはほとほとおかれたらしく
そこで二人はアイヌの習慣どほり、柳の枝をけづつて御幣イナオをつくり、それを神様カムイにそなへて、仲よくすることを誓ひました。
熊捕り競争 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)