大江山おおえやま
むかし源頼光という大将がありました。その家来に渡辺綱、卜部季武、碓井貞光、坂田公時という四人の強い武士がいました。これが名高い、「頼光の四天王」でございます。 そのころ丹波の大江山に、酒呑童子と呼ばれた恐ろしい鬼が住んでいて、毎日のように都 …
作品に特徴的な語句
うし じょう すく うえ おそ しゃ うしな 四方しほう あらわ なさ けっ がた 毒酒どくざけ 人数にんずう 武士ぶし あたま いただ おと かみなり からだ あいだ さむらい もん にち 今日きょう くさり さき 鉄棒てつぼう いえ 酒盛さかも はい 方々かたがた ほう 客人きゃくじん 宝物たからもの にん 篠掛すずかけ むすめ かる うらな かり きゅう 名前なまえ おぼ かなら かた 背負せお くだ 心強こころづよ 大風おおかぜ 見返みかえ 大臣だいじん そと つよ 珠数じゅず おし 稲光いなびかり あき 神様かみさま かみ いの 着物きもの うた 正体しょうたい 相違そうい 相手あいて さら かわ つか なみだ なが あら 油断ゆだん 池田いけだ どく 残念ざんねん ころ 毎日まいにち ふか