“毒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どく96.3%
あしきもの0.6%
0.6%
そこな0.6%
0.6%
ドグ0.6%
ポイズン0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生からるものはるが、心優しい衣絵さんは、それでもがつて、存分かしてむやうにとつた厚情なのであつた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
後に、虎、その柱をりて、針を取りて走去げぬ。高麗国、得志が帰らんとを知りて、を与えて殺す
るになるはなし、途中鼻緒りたるばかりはし、美登利障子ながら硝子ごしにめて、あれれか鼻緒つたがある
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
冬は、母親のを縫いちぢめた、じみいなじみいな着物を着て、はげしい寒さに、鼻をわれない子供はなく皆だらしない二本棒をさげて居る。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
この獰猛な男のにあてられたのだ。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西は箱ヶとヶ森、 椀コ、南昌、東根の
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「その悪漢めが俺にを飲ませたのだ! 人がだと言うのに、無理に毒を飲ませてしまったのだ! あ、手が麻痺れる」
葛根湯 (新字新仮名) / 橘外男(著)