文語詩稿 一百篇ぶんごしこう いっぴゃっぺん
母 岩手公園 選挙 崖下の床屋 祭日〔一〕 保線工手 〔南風の頬に酸くして〕 種山ヶ原 ポランの広場 巡業隊 夜 医院 〔沃度ノニホヒフルヒ来ス〕 〔みちべの苔にまどろめば〕 〔二山の瓜を運びて〕 〔けむりは時に丘丘の〕 〔遠く琥珀のいろな …
作品に特徴的な語句
タマ くわ 祖父ぢぢ かしこ をさ をさ おほ 嘲笑あざ ぞう 手練てなれ マミ たか 南風かけつ やぶさ ドグ こそ なげか ひら 碧空そら わらはべ くだ いか 鉱石かね 雲母きら かた クチ ひと つま 悪業あく ばう 漢子をのこ どう 一族まき 光景さま あめ わか 日曜どんたく 枯草くさ あかり まみ よね 襖子あをし 親方ボス ゐのこ ぬか 大豆まめ 岩頸ネツク 巨石おほいし あけ 水松いちゐ かが 石絨アスベスト から べに あげつら もろ くだ 飢饉けかつ 駑馬うま 丹藤タンド ぬし 伯楽はくらく 光壁くわうへき 去年こぞ 射手いて 小馬ポニー 廐肥こえ 放牧のがひ 数寄すき 斑雪はだれ 斜子ななこ あけ 栄光さかえ いて 漂雪フキ たま あがた くだ 紅土ラテライト 練肥ダラ 翁面おきなめん