“巨石”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおいし60.0%
おほいし20.0%
きよせき10.0%
きょせき10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその中を、すらりと抜けて、も包ましいが、ちらちらと小刻に、土手へ出て、巨石其方の隅に、松の根に立った娘がある。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「見ろ、此太繩を切つて落せば、五人は道具部屋の中で巨石に打たれて鹽辛になつて死ぬばかりだ」
また二十尺三十尺兩側てゝ、その巨石せてあるものなどは、たゞ人力だけでもつてなされるものではなく、種々工夫したものでせう。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
市松はガチャッ、ガチャッと歩くたびに陣太刀具足をたたく音をさせながら、巨石でたたみあげた石段をおりてきて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)