“陣太刀”の読み方と例文
読み方割合
じんだち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孫六が刀装をほどこして以来、まだ一たびもよそおいを変えたことがないらしく、今に陣太刀づくりのままの二剣である。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
これははなやかな甲冑陣太刀のよそおいで、黄母衣白母衣赤母衣、をにながし、ゆるいのように場内を一した。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いでや新身の切れ味見せて、逆縁の引導渡しれむと陣太刀やかに抜き放ち、青眼に構へて足法乱さず、切尖するどく詰め寄り来る。虹汀何とか思ひけむ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)