“一太刀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとたち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平四郎さすがに手だれなりければ、思うままに伝三を疲らせつつ、打ちかくる鍬を引きはずすよと見るに、伝三の肩さきへ一太刀ひとたち浴びせ、……
伝吉の敵打ち (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
斬り込んで行った帰雁、斜になって流したはずの銀二郎の構えが遅かったか、ないしは足がくずれたか、右のひじから脇腹へかけて一太刀ひとたち受けた銀二郎。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
わしの手足にまだ力が残っていた間は、いかにもして一度みやこに帰ってかたき一太刀ひとたちむくいる望みがあった。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
鎖襦袢くさりじゅばんはだにきて、手ごろの薙刀なぎなたをこわきにかいこみ、父、根来小角ねごろしょうかくのあだを、一太刀ひとたちなりとうらもうものと
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そちは一太刀ひとたち打った時に、数馬と申すことを知ったのじゃな。ではなぜ打ち果すのをひかえなかったのじゃ?」
三右衛門の罪 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この女房は信長の前へ出ると、懐中した錦の袋から茶入を出して信長に見せると、信長は何に激したか大いに怒り、刀を抜いてこの女房を一太刀ひとたちに斬って捨ててしまいました。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
筋違すぢかひを入つて此處まで來ると、いきなり後ろから、一太刀ひとたちあびせられたやうな氣がしましたか
俊寛 ただ一太刀ひとたち! わしのにくみを清盛きよもりの肉にただ一太刀きざみつけるために!
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
『でも落ち着いて、』と、パーシウスにつきまとっている真面目な、響のいい声が言いました。『下へおりて行く時、盾をよく見て、最初の一太刀ひとたちをしくじらないように気をつけなさい。』
しかも、主人のまくら刀はそこに置かれたままで、一太刀ひとたちも抜き合わしたらしいけはいがなかったものでしたから、右門は聞くのが少しきのどくでしたが、正直に思ったとおりを尋ねました。