瓜の涙うりのなみだ
年紀は少いのに、よっぽど好きだと見えて、さもおいしそうに煙草を喫みつつ、……しかし烈しい暑さに弱って、身も疲れた様子で、炎天の並木の下に憩んでいる学生がある。 まだ二十歳そこらであろう、久留米絣の、紺の濃く綺麗な処は初々しい。けれども、着が …
作品に特徴的な語句
もだ いっ はだ としより 殿しっぱらい かみ ひから おおせ げん 滑稽おかし なる せなか ある さが 退すさ 祖母としより がたり すこし ひそか こえ 化粧けわ あかる 破目われめ むす かけ 殿どの おく なり 湧出わきい 健康じょうぶ 相応そぐ はた だか さかり つめた そら おおき 破目やれめ ステッキ 朝飯あさ あらた 断崖がけ おのず よじ ふり おもい 後暗うしろめた ふどし わか ひそか 寂然じゃくねん ごし しぼり かさな 金石かないわ くれない 可恐こわ つむり くう とう 南瓜とうなす あが たか まばら 人勢ひとけ 露骨あらわ まばゆ ふっさ なめら 颯々さつさつ もう 突込つッこ 年配とし 翌日あくるひ なが かた そばだ たた くら もも すけ 人数ひとかず 恍惚うっとり 行歩こうほ あわただ 膚脱はだぬぎ せん やす 根気こん 蒼蝿ぎんばえ 一里ひとさと けだ つぼ 自然ひとりで かか