“褄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つま94.4%
づま4.9%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南朝の暦応三年も秋ふけて、女の笠のをすべる夕日のうすい影が、かれの長い袂にまつわるの白い穂を冷たそうに照らしていた。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
血の気のない顔、少し振り乱した髪、昼のままらしいの前が乱れて、恐怖と激動に早鐘を撞く胸を細々と掻い抱くのでした。
あすこには、気のい老夫婦がんでいるということ。そこならば、充分、明日の昼は休むことができる。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)