“削”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けず43.2%
33.8%
けづ11.5%
3.7%
こそ1.0%
1.0%
けずり0.7%
けづら0.7%
そぎ0.7%
かい0.3%
0.3%
けずっ0.3%
けずる0.3%
けんず0.3%
こな0.3%
0.3%
さく0.3%
はぶ0.3%
ケヅ0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜならは、小刀かなにかで、不格好とされてくされ、そして、には、縦横がついていたのであります。
春さきの古物店 (新字新仮名) / 小川未明(著)
見上げると両側の山は切りいだように突っ立って、それに雑木赭松が暗く茂っていますから、下からると空は帯のようなのです。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
お前は、毒菓子から目印の赤い飾り種をり取り、懷ろ紙か何かに包んで持つて來る途中、小窓をぐとき敷居にこぼしたことだらう。
白皙だつた顏の艶も失せ、頬のげつそりけたのが目立つて見えた。濃い髯の剃り跡の青々しさにも、何やら悲しい思ひを誘はれた。
湖畔手記 (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
それから爪でこつこつげました。それから息をかけました。そのすきとほった氷の穴からんだ松林と薔薇色の雪とが見えました。
氷と後光 (旧字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
老いたる師の体が毎夜、けてゆくように痩せてゆくのを側目に見ても。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
」と銘打つ作の如き、この悲劇に陥らなかったものがどれだけあろうか。いかに意識してを作り、高台を考え、形を奇にしているであろう。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
寒氷ありり氷をる、に入る事甚し
理髪師によって取られた或男の鼻が、官吏の礼服を着けていろんな所に出没するという、巫山戯た小説であるが、そこにシリアスな人生観察が宿っていそうに推察される。
武州公秘話:02 跋 (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
男はこれに構わず、膳の上に散りしたる鰹節を鍋のんで猪口を手にす。ぐ、む。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
義雄はわざとがたびしと玄關の土間にある下駄箱の蓋を明けて、自分の兩り下駄を出して足に突ツかけ、逃げ出すやうに家を出た。
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
ソレが此方では分らなくてどうにも始末が付かない。又党派には保守党と自由党と徒党のような者があって、双方負けず劣らずて争うて居ると云う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それにくらべると、こんどの小刀は、ひじょうによくれたのです。るのにも、ほとんどがしなければ、また鉛筆るのにもサクリサクリとれて、それは、おもしろかったのであります。
脊の低いとがった男 (新字新仮名) / 小川未明(著)
竹をやはる 真竹やはけんずる
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
そこで最初から手を附けた四十尺ばかりの美事な米松棟木をコツンコツンとして行くに四十尺ブッ通しのがった削屑をブッ放しちゃったんで
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「そんな下らない小説にページをくのだったら、もう雑誌の購読は止めちまうぞ」とか
『地球盗難』の作者の言葉 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そしてまだ陽を見たことのないクリーム色の(十二)そして彼女の完全な(それは、悲しい、思っただけでも胸のくような)離反! 自棄酒
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
面倒なことは出来るだけくといふのが、あたくしの生活のモツトオなんですから……。
可児君の面会日 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
其中一番古くからあつて、一番長く伝はつて居るのは、り掛けである。柳などの木を削つて、ひげを沢山出してある。此をり掛け、或はり花と言ふ。
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
◎龍馬の石碑なども元は薩摩でつたのです。私はソレを聞いて吃驚し海援隊の者に話すとソレは不都合と云つて、つゞまり其石を薩摩から譲り受けて海援隊の名義で立てました。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)