“けず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
91.5%
2.1%
1.4%
0.7%
0.7%
削除0.7%
0.7%
抹消0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
怨まなかった。こうして苦心惨憺して三年前に脱獄してからというもの、それこそ生命る思いをして、お前を探しまわったことを
継子 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あるいは「ひそかに門隙よりこれをうかがえば、すなわち灯下に座せる一無頭婦人、一手は首を膝の上にじ、一手はを持ってその髪をる。二目炯々としてただちに門隙を見る」
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
原文に比すれば、その加えたるもの十の六、七、そのりたるもの、十の一、二。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ならで分ってるのに、突然烟管ですてえことがあるか、頭へが附いたぞ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これはを遠矢にかけて、その女房を奪ったとやら申すから、左の膝頭にその甥の顔をした、不思議なが現われて、昼も夜も骨をるような業苦に悩んで居りましたが
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
あの亡者どもの名簿が御入用なんでがしたな? おやすい御用で! わしはな、今度の人口調査に戸籍から削除ってもらおうと思って、ちゃんと別の紙に一人のこらず書きつけておきましたわい。
ここより一の片句をみ、かしこより一の断編をり、もってその政論を組成せんと試む、ここにおいて首尾の貫通を失い左右の支吾をきたし、とうてい一の論派たる価値あらず
近時政論考 (新字新仮名) / 陸羯南(著)
「そのお願いというのはこうなんで。君のお宅にも、多分、死んだ農奴でまだ戸籍簿から抹消ってないのが相当あるでしょう?」
その木をりて神体とす。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
林「いかんたってにはられませんよ、旦那様、頭へ出来ました、こんなにして何うにも斯うにも、其様な薄穢い田舎者だよッて、突然烟管で殴しました」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)