邪宗門じゃしゅうもん
先頃大殿様御一代中で、一番人目を駭かせた、地獄変の屏風の由来を申し上げましたから、今度は若殿様の御生涯で、たった一度の不思議な出来事を御話し致そうかと存じて居ります。が、その前に一通り、思いもよらない急な御病気で、大殿様が御薨去になった時の …
作品に特徴的な語句
けず あらら さまたげ さかもり しゅう まぶし あしなえ なみ かおり はか あわて おびやか しらせ かさね 洒落しゃらく あけ しも おごそか れい じゅう 御座おざ きさい しめ 御遣おつかわ けぶ うえ ことば ぬか 水子みずご ぎぬ 権者ごんじゃ 極刑ごっけい とおる 盲目めしい まば 張本ちょうぼん なつか 打伏うちふし いで くるし おおかさ むくい やわら へり しわぶき くれない 御経おんきょう そそのか しっ 可笑おかし 念珠ねんず 唐人からびと 口惜くちお 思立おぼした まり かえ 羽搏はう 老耄おいぼ 御歿おなくな とう おもい おろか えみ にお しし うけたま 舞下まいくだ 御前おまえ たて りょう わな まばゆ 歌合うたあわ ごと きわ いなむし 天下あまくだ かしこま あめ ほのめ やさ きらめ 水嵩みかさ さいわ おとがい したし けぶり 暗夜あんや ただし 御主おぬし がた あらわ 神寂かみさび
題名が同じ作品
邪宗門 (新字旧仮名)北原白秋 (著)