“きず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キズ
語句割合
38.4%
16.0%
14.2%
11.8%
3.2%
3.2%
2.6%
瑕瑾1.8%
1.7%
創痍0.8%
0.8%
創傷0.4%
傷痍0.3%
損傷0.3%
瑕疵0.3%
0.3%
0.3%
負傷0.3%
瘡痍0.1%
瘢痕0.1%
欠点0.1%
傷所0.1%
傷痕0.1%
傷部0.1%
刃疵0.1%
切傷0.1%
外傷0.1%
0.1%
0.1%
斫疵0.1%
0.1%
欠損0.1%
0.1%
0.1%
瑕理0.1%
生漉0.1%
疵傷0.1%
疵所0.1%
疵瑕0.1%
0.1%
裂傷0.1%
𤺨0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭の頂上にチクチク痛んでいる小さな打ちが、いつ、どこで、どうして出来たのかイクラ考えても思い出し得ないのであった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
顔をしかめて向こうをあらっている者や、水をくんでゆく者や、たわしでい物をする者などで、井戸ばたがこみ合っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
噛まれた摺創血塗れになりつつ、当途もなく犬鎌を振り廻して騒ぎ立つ有様は、犬よりも人の方が狂い出したようであります。
彼女は富子と同い年の廿四で、眼の細いのと髪の毛のすこし縮れているのとをにして、色白の品の好い立派な女振りであった。
探偵夜話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
少しく安堵の思ひをなし、忍び忍びに里方へ出でて、それとなく様子をさぐれば、その意外重くして、日をれどもえず。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
この家の古い建築の仕方から見れば、いま食卓の据えてある土間の奥にかれていて、朝夕に赤い火が燃えていたものと推測される。
「その方なかなかに心利いた奴じゃな。小姓共のおらぬがちと玉にじゃ。ふっくらいたして、なかなか坐り心地がよいわい」
「若様は急に命にわる事もありますまい。それより大事なのは、お家の瑕瑾にもなる縄付の始末です。利助はいつ頃ここを出かけました」
二人共後悔の瘢痕さなければすまないを受けたなら、それこそ取返しのつかない不幸だと思っていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
帰国以来僕は心に創痍を得て、いまだ父の墓参をもさずにゐる。家兄の書信にると八十吉は十二で死んでゐるから僕の十一のときであつた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それだのに、此の人に逢っていると又昔のように、向うですげなくすればするほど、自分のを相手にぎゅうぎゅうしつけなくては気がすまなくなって来そうだ。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
当時は死ぬか生きるかの大きな創傷を総身に受けたに相違なかつたが、いつ治つたともなく治つて、今ではその痕跡をすら見出すことが出来なくなつた。否、そればかりではなかつた。
船路 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
かくのごときの信仰治療法は無益なり、しかれども我信ぜざるを得ざれば信ずるなり、見よ下等動物の傷痍すにおいて自然法のかにして実功多きを、清浄なる空気にる強壮剤のあるなく
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
現に今朝主人に言ひつけられた下男の猪之松が、大を持出して、玄能で叩いて、無理をしてコジ開けた新しい損傷が、敷居にも雨戸のに麗々と殘つてゐるのです。
ただ歩くだけなら名誉になろうとも瑕疵とは云わせぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
内々は彼方がたに成たるも口惜し、まつりは明後日、いよいよ我がが負け色と見えたらば、破れかぶれに暴れて暴れて、正太郎が一つ、我れも片眼片足なきものと思へばやすし
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
は貴方の一生の瘢よ。そしてあたしの一生の紀念だわ。此瘢を見るたんびに、貴方はあたしを思出して下さるでせう。あたしが風来者になつちやつて、満洲あたりを
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
左の肩の骨が少しけたとかで、手が緩縦になつてつたの、その外紫色のだの、蚯蚓腫だの、打切れたり、擦毀したやうな負傷は、お前、体一面なのさ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
勘次輕微瘡痍假令表面だけでもいからつててさうして同情言葉まないものをめたが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
手先火傷横頬のやうな疼痛瘡痍もなかつたが醫者其處にもざつと繃帶をした。與吉ばかりして大袈裟姿つてつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それで見物の衆はインチキ見世物を見せられたことになると思うのですが、実は僕の背の左側に楕円形の大きな瘢痕があるんです。
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そして妾は、はからずもそこに遂に見るべからざるものを見てしまった。真一の背にある恐ろしき瘢痕
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)
弾正太夫はそれを聞くと思わず高く笑ったが、「老師! あなたはよいお方じゃ。しかしただ一つ欠点がござる。理窟が多いという事じゃ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかしただ一つ欠点がござります。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼は、甘いものを食べると、それは、血管を流れて行って、足の傷所で、皮になるように感ずるほど、それほど甘いものに飢えていた。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
手の甲の傷痕にしても、トランクの男の無罪を証する時間のことにしても、或は覗き眼鏡を取りはずしている時に発見した怪しい人影についても、その他種々な点で
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「失礼します。今日は腰の傷部が又痛みますので」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と興に乗じた隊長は斜な陽を、刃疵のある片頬に浴びながら、あぶみを踏んで一膝のり出した。
シベリヤに近く (新字新仮名) / 里村欣三(著)
五、六ヵ所の切傷があった。「かような有様でございます」それから彼は左腕を捲った。七、八ヵ所の切傷があった。「この通りでございます」それから彼はスッポリと、両方の肌を押し脱いだ。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
このお医者さんは、外科はまるでだめだったと見えて、女中の足の指も腐らせてしまったが、あんぽんたんの父の手の外傷も例の膏薬で破傷風にしてしまった。
いつもより余程手を抜いてはいるが、化粧の秘密をりて、い美をうと云う弱点も無いので、別に見られていて困ることは無い。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
「とは云え殿下のご威光までがそのためつきはしますまいか?」
郷介法師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それからずっと次に居並んで居ります者が彼是百五六十人り、商人の者もれば、旅僧体の者や武士体の者、種々なる男がずっと居並んで居て、面部に斫疵などのあるらしい男が居る。
縁に余白がなくなっているので、手に把って暫く眺めていると、どうも側が狭すぎて、窮窟な感じを与えるのがである。
愛書癖 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
例えば他人から預っておいた彫刻品が、気候のめに欠損が出来たとかいう様な、人力では、如何にも致方の無い事が起るのである、このをすると
頭上の響 (新字新仮名) / 北村四海(著)
しかるに名利はこちらから追い駆けて、あるいは他人をつけたり、またれの本心にいて得るものと、天よりのごとくにおのずから身に至るものとあろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
悪を汝の幕屋に留むるなかれ、さすれば汝顔をあげてなかるべく、堅く立ちてるる事なかるべし
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「芳江兄弟の隠れ家は突きとめましたが、大変な身分の者でございます。御関係はお家の瑕理ともなりましょう、このままお思い止まり遊ばすよう、私からお願いいたします」
知るに至った端緒であるがこの書は生漉きの和紙へ四号活字で印刷した三十枚ほどのもので察するところ春琴女の三回に弟子の検校がかに頼んで師の伝記を編ませ配り物にでもしたのであろう。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
友人をあざむく……道徳上の大罪を承知ですように余儀なくされた。友人の好意で一面の苦しみはやや軽くなったけれど精神上に受けた深い疵傷は長く自分を苦しめることになった。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
疵瑕と言ッては大酒飲みで、浮気で、しかも針を持つ事がキツイいというばかり。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ために、滔々と、軟弱な弊風があったことも否めません。自力聖道門が、絶対力をいたのは、そういう時代の反動でございました。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
程近い福太郎の納屋に担ぎ込んで、ラムプをして応急手当をしているうちに、幸運にも福太郎は頭の上に小さな裂傷を受けただけで、間もなく正気を回復した。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
わめき叫びながら、むらがり寄せる敵をさんざんに駈けなやましたが、わずかな手兵はしだいに討ち取られ、吉信もついに𤺨を負った。かたな折れ、矢つきたのである。
死処 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)