三人の双生児さんにんのそうせいじ
あの一見奇妙に見える新聞広告を出したのは、なにを隠そう、この妾なのである。 「尋ネ人……サワ蟹ノ棲メル川沿イニ庭アリテ紫ノ立葵咲ク。其ノ寮ノ太キ格子ヲ距テテ訪ネ来ル手ハ、黄八丈ノ着物ニ鹿ノ子絞リノ広帯ヲ締メ、オ河童ニ三ツノ紅キ『リボン』ヲ附 …
作品に特徴的な語句
ひとりで アカ ヘダ 汚穢きたなら タズ シボ 同胞ハラカラ 鹿 ねぎ ハカド つか げん 格子コウシ リョウ 瘢痕きず 美味いし あぐ 河童カッパ あきら 祝詞しゅくし ガニ おさ 立葵タチアオイ はた かえ つら 此室このへや 小暗こぐら だま しつら ただ つな 揶揄からか ぬぐ うなず むご 景物まけ 草臥くたびれ やみ まとま ひる いま かすか うご 果敢はかな さき わたし こうり たず せつ 白面しらふ 唐突とうとつ やわ へだた おごそ うま から せつ むつ 饒舌じょうぜつ しか 光沢こうたく たね まぎ こぶ 癒着ゆちゃく 目下もっか はら 真先まっさき むこ 真逆まさか 羞含はにか にら みは けい 端的たんてき くわ おお 籠絡ろうらく 素性すじょう はし むしろ 竹輪ちくわ ろく 緞帳どんちょう つぶて やや