“罫”の読み方と例文
読み方割合
けい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
Hさんはかい西洋紙へ、万年筆で一面に何か書いて来た。から云っても、二時間や三時間でできる仕事ではなかった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
に引いた黄金の筋よりも墨の跡がはるかに輝いていた。軸、表紙、箱に用いられた好みの優雅さはことさらにいうまでもない。
源氏物語:38 鈴虫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
故にの引いてある部分はかに紙面の三分の一の面積しかない。それへ四号活字より小さい文字で細く細く書き続けてある。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)