“罫界”の読み方と例文
読み方割合
けいかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かつてはこの線を無表情として、「線は殆んど無意味にして形状をつくり彩色の罫界たらしむるに過ぎず」
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)