古寺巡礼こじじゅんれい
この書は大正七年の五月、二三の友人とともに奈良付近の古寺を見物したときの印象記である。大正八年に初版を出してから今年で二十八年目になる。その間、関東大震災のとき紙型をやき、翌十三年に新版を出した。当時すでに書きなおしたい希望もあったが、旅行 …
作品に特徴的な語句
さま ぜん ひだ ひょう ゆう 月光がっこう 日本やまと 希望けもう わたくし 現世げんせ まさ みずか 山気やまけ たっと 少女むすめ はしため しゅう ばん いや 百姓ひゃくせい 空閑くうげん 横領よこりょう くれない たなごころ なま まさ 薄明はくめい えん 西域さいいき ゆだ いも 天智てんぢ 変形メタモルフォゼ 雨間あめま いつ みやこ おお すこ 猿楽サルガク いぶ 灰白かいはく 皇女ひめみこ 一鋪いっぽ まなこ 水煙すいえん 水掻みずか 石塊いしくれ 端々はしはし 三昧さんまい そう 栄耀えよう 柔婉じゅうえん 村邑そんゆう おぼ 続紀しょくき 編木びんざさら 髪飾かみかざり 摺衣すりごろも じし ねじ 脇士わきじ 脇立わきだ ぬき 舎衛シャエ 荘厳しょうごん らん 薄紅うすべに 後嗣こうし 彷徨ほうこう きざ ゆか あげばり まみ しょう 読師どくし 学生がくしょう 嬰児えいじ こび まか 講師こうし 謡曲ようきょく からだ たまもの やぶ りょう 露台ろだい 勧賞けんしょう くつ つぐの くだ