“謡曲”のいろいろな読み方と例文
旧字:謠曲
読み方割合
うたい60.6%
ようきょく18.2%
うたひ9.1%
きよくをうたふ6.1%
うた3.0%
えうきよく3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また謡曲の中には「あらあら恐ろしの般若声」という言葉もあります。それからお坊さんの間ではお酒の事を「般若湯」といいます。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
すると、朝倉先生が、急にいずまいを正し、謡曲でもやりだしそうな姿勢になった。みんなは急にしんとなって、片唾をのんだ。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
謡曲の好きな方は、画もよくお解りだから頼もしい。なに、画は屹度きあげますよ。それぢや今日は一つ聴いて戴きますかな。」
嬋娟哥妓袖をつらね、素手弄糸朱唇謡曲迦陵頻伽外面如𦬇れば、地獄谷遽然極楽世界となれり。
鞍馬の謡曲を口ずさみながら、そのじりじりとする懊悶らわすように黒塗の欄へもたせた忠房の後ろに待ちかねた近侍の衣音がしたので、はッと振り顧った。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
哥沢節」は時代のちがつた花柳界の弱いちを伝へたに過ぎず、「謡曲」は仏教的の悲哀を含むだけ古雅であるだけ二十世紀の汽船とは到底相容れざる処がある。
黄昏の地中海 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)