“うたい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
74.7%
謡曲19.2%
3.0%
有待1.0%
1.0%
素謡1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「酒はむが、呑んでも赤くならない」と書いた。「御父さんのようにをうたう代りに義太夫を勉強しているそうだ」と書いた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
とお祖父さんは口癖のように仰有る。家のものばかりでなく、碁の客謡曲の相手までが三度に一度は愛孫の逸話を拝聴させられる。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
久三は例の持前の癇癪癖から、一寸した事で昨夜は激しい口調でをしたりした五十嵐をしかり飛ばしたりした。
(新字新仮名) / 楠田匡介(著)
天台山にも異ならず。但し有待依身なれば、ざればにしみ、ざればちがたし。に油をつがず、火に薪を加へざるが如し。命いかでかつぐべきやらん。
それからこの歌の本を上げますから、時々おなさい。
「お父様、でも焼きますから、お酒でもすこし上がって、またいつもの素謡でも」
(新字新仮名) / 吉川英治(著)