“謠”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
うた48.6%
うたひ34.3%
うたい8.6%
うたは2.9%
うたへ2.9%
ウタヒ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りしに深編笠りて黒絽羽織のぼろ/\したるを如何にも見寥しき容體をしてひをひながら御憐愍々々と云つゝ往來にて袖乞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
言つて板屋家に乘込み、の師匠だか、用人だか、居候だかわからないやうに暮して居るが、——殿樣を絞め殺した後は——
鼓も鳴らさず、も口ずさまず、世間はたゞもう、品の良い美男が四人まで、裕福に暮してゐるのを不思議に思つてゐたのです。
し給ふとは卑怯なりと手引袖引萬八樓の棧橋より家根船に乘込せしが折節揚汐といひ南風なれば忽ち吾妻橋をも打越え眞乳んで乘込彼端唄れたる山谷堀より一同船を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
る樣に取計ふ可し夫も五日の中に限りぬし日限を過す時は我も堪忍爲難ければ双親に向ひ此事を詳細云て意中を聞ん和郎も是を心得てと嚴重云れて忠兵衞は詮方なけれど言受し部屋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
能樂に興味を持つて居つての間拍子まで良く心得てゐる程の人であつた。
支那研究に就て (旧字旧仮名) / 狩野直喜(著)