“黒絽”の読み方と例文
読み方割合
くろろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒絽の羽織をひっかけた、多少は酒気もあるらしい彼は、谷村博士と慇懃な初対面の挨拶をすませてから、すじかいに坐った賢造へ
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それに対したのが気軽そうな宗匠振朽色の麻の衣服に、黒絽十徳を、これも脱いで、矢張飛ばぬ様に瓢箪重石に据えていた。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
地味な柄の光らぬ単衣物。黒絽の帯に、これだけは思いて派手な縫い模様。上品でしかもやかなの好み、い。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)