悪因縁の怨あくいんねんのうらみ
天保銭の出来た時代と今と比べると、なんでも大変に相違しているが、地理でも非常に変化している。現代で羽田というと直ぐと稲荷を説き、蒲田から電車で六七分の間に行かれるけれど、天保時代にはとてもそう行かなかった。 第一、羽田稲荷なんて社は無かった …
作品に特徴的な語句
母親ふくろ うち ぽこり 癩病なりんぼう ほつ 亭主うち ちっ あん 穿 徒歩ひろい かみ しま なぶ 如何どう あが とま あり 矢張やっぱり かか あお おびや ふな つう 船路ふなみち 呪法まじない しゃ 如何いかが のぼ 混々こんこん 父親てておや くら 旭日きょくじつ 矢張やはり 立前たちまえ 悉皆すっかり 恍惚うっとり うらみ 心立こころだて のち ろう つい ぶね ずつ 荷足にた 執拗しつこ ばなし かじ 酒肴さけさかな 請合うけあい 出語でがた 颶風はやて かわ のぼ 相州そうしゅう つくろ 隠家かくれが 雪駄せった 立地たちどころ 雲助くもすけ 穿 雷鳴かみなり 稲荷いなり 種々いろいろ 私奴わたくしめ やしろ すな 石鰈いしがれい 震死しんし 霊夢れいむ 矢口やぐち 青蘆あおあし 瓢酒ひょうしゅ 棟梁とうりょう 滄海そうかい 漫々まんまん 黒絽くろろ みお しか とび たま 玉川たまがわ 瓢箪ひょうたん あと 羽田はねだ 目顔めがお 目笊めざる 癩病らいびょう 生活くらし 魂胆こんたん