“霊夢”の読み方と例文
旧字:靈夢
読み方割合
れいむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
康頼 しかしありありと歌までえているのです。霊夢相違ありません。たとえそうでなくっても、わしはそうと信じたいのです。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
正面には高さ四尺の金屏に、三条小鍛冶が、異形のものを相槌に、霊夢う、御門太刀と打ち、丁と打っている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
別当は真言宗にして、金生山龍王密院と号し、宝永八年四月、海誉法印霊夢に由り……
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)