“雷鳴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみなり63.2%
らいめい29.4%
いかづち1.5%
かみな1.5%
かんなり1.5%
なるかみ1.5%
はやしかた1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ヘエ、じゃないよ。り付いたら、雷鳴が鳴っても離さないのが岡っ引のたしなみだ。見ればガン首も手足も無事じゃないか」
しかし自分は、いま兵隊さんのにいるのだとがつくと、は、我慢して、じっと、雷鳴ざかっていくつめていました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
『なんぢの雷鳴のこゑ』、『ヱホバは天に雷鳴をとどろかせたまへり』とあつたり、フアウストに
雷談義 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
「その院ノ庄です。……いやそれゆえの、ご不審でしたか。……何の何の、今日は昨日と違い、雷鳴り雲も見えませぬゆえ、その二里ほどを、桜狩りしつつまいろうとの心ぐみにござります」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いにしへの内裏には“雷鳴”といふ一舍があつて、かみなりといふと、陛下はそこへ逃げこまれた。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
どうもコンナにお涼しくなりましてから雷鳴入りの夕立なんて可笑しな時候で御座いますなあ。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)