“菊日和”の読み方と例文
読み方割合
きくびより100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
フラリと訪ねて來たガラツ八が、珍らしく嬉しい便りを持つて來たのは朗かな菊日和の晝下がりでした。
吉日をえらむめや菊日和
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)