“春日和”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はるびより66.7%
ハルビヨリ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目をあげると、東の方春日のは、谷陰になって、ここからは見えぬが、御蓋山・高円山一帯、頂が晴れて、すばらしい春日和になって居た。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
駕籠つてかうかとつたけれど、それも大層だし、長閑春日和を、麥畑雲雀きつゝ、りで旅人らしい脚絆ぶのも面白からう、んの六ぐらゐの田舍路
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
目をあげると、東の方春日は、谷陰になつて、こゝからは見えぬが、御蓋山・高円山一帯、頂が晴れて、すばらしい春日和になつて居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)