“春日野峠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かすがのたうげ66.7%
かすがのとうげ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新道春日野峠大良大日枝絶所で、敦賀まで、これを金澤から辿つて三十八里である。歩行けば三年かゝる。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
民子腕車二人がかり、それから三里半だら/\のぼりに、中空えたる、春日野峠にさしかゝる。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
近江、越前の国境じい山嘯洪水があって、いつも敦賀——其処から汽車が通じていた——へく順路の、春日野峠を越えて、大良大日枝山岨断崕の海に沿う新道は、崖くずれのために
栃の実 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)