“蟹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かに89.5%
がに10.0%
ガニ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「困つた事を言ふのネ、あ、さう/\……、蟹を食べた事があつて? あの赤アいのある、そうれ横に、ちよこ/\とふ……」
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
が、その時の大火傷、享年六十有七歳にして、生まれもつかぬ不具もの——渾名を、てんぼう宰八と云う、秋谷在の名物親仁
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ネ人……サワメル川沿イニ庭アリテ紫ノ立葵咲ク。
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)