“氷河”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょうが50.0%
グレッチャ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かならず天罰があたるから。いつ氷河がやってくるかもしれない。あまり不意で、げるひまのなかった、マンモスのが、まだくさらずに、からたというではないか。
太陽と星の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
その間にコンコルディア広場とかアレッチュ氷河とか呼ばれる氷河時代からの千古の氷原が横たわって、遠くローンの渓谷までも見渡せるというので、扉を排して出ては見たが
吹雪のユンクフラウ (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)