“油蝉”の読み方と例文
読み方割合
あぶらぜみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
油蝉くなればくなるくぢり/\とりつけるのみで、閑寂村落うた※弟はかうして餘所々々しく相對した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
朝夕はの声で涼しいが、昼間は油蝉の音のりつく様に暑い。涼しい草屋でも、九十度に上る日がある。家の内では大抵誰も裸体である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「それが駄目でした。この百日紅油蝉がいっぱいたかって、朝っから晩までしゃあしゃあ鳴くので気が狂いかけました。」
彼は昔の彼ならず (新字新仮名) / 太宰治(著)