“登山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とざん80.0%
のぼ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みなさんはじり/\ときつけるような海岸砂濱たり、しながら登山をされるときのことをへてごらんなさい。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
白皙蒲柳ず、越中国立山を、先頭四十何人目かに手鈎けた、登山においては、江戸消防夫ほどの侠勢のある、この博士ずると、成程
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
煤煙を落すだけの場所だったが——それがこのごろ、遙か下の町の人々にも知れて来たとみえて、ぽつぽつ入湯の客が登山って来る。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「佐助に利七のふたりも、生きておりますれば、今ごろ登山っておるさいちゅうでござろう。七月七日の夜の引き明け、という申しあわせですから——どれ、そろそろ私も。」
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)