“葦簀”の読み方と例文
読み方割合
よしず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうその頃には鬱陶しい梅雨もようやく明けて、養神亭裏の波打際でも大工の手斧の音が入り乱れて小舎に盛んに葦簀が張られている頃であったが
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
と法師から打背く、とのその薄月の、婦人の風情を思遣ればか、葦簀をはずれた日のかげりに、姥のが白かった。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
キャラコさんは、物置小屋に古い葦簀があったのを思い出し、小屋まで駆け戻ってそれをひと抱えかかえて来た。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)