“袴能”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はかまのう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袴能”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先つ頃如水じょすい氏などの連中寄合ひて、袴能はかまのうを催しけるとかや。素顔に笠たる姿など話に聞くもゆかしく
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)