“如水”の読み方と例文
読み方割合
じょすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「で。それがしに対し、また父の如水に対しても、再三の御懇望なのでござる。——ぜひ一度、召連れて参るようにと」
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先つ頃如水氏などの連中寄合ひて、袴能を催しけるとかや。素顔に笠たる姿など話に聞くもゆかしく
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
如水の子、長政が始めたことらしい。
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)