病牀六尺びょうしょうろくしゃく
○病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。僅かに手を延ばして畳に触れる事はあるが、蒲団の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事も出来ない。甚だしい時は極端の苦痛に苦しめ …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 紫檀したん 鍛冶屋かじや 伯林ベルリン いそ かば 公達きんだち 祇園ぎおん 突兀とっこつ 立場たてば 芍薬しゃくやく 和泉いずみ かけい たで 鞭撻べんたつ なまず 檀家だんか 我邦わがくに 枇杷びわ 雑魚ざこ 友禅ゆうぜん かす 回向院えこういん 将棋しょうぎ 山葵わさび 石膏せっこう 馬士まご 冬籠ふゆごもり 致方いたしかた 沙魚はぜ 叡山えいざん 未曾有みぞう しきみ 蒲鉾かまぼこ 際立きわだ 追々おいおい 端書はがき 其角きかく 含蓄がんちく 杜鵑ほととぎす すずき 泥鰌どじょう まんじ 向島むこうじま ともえ 田楽でんがく 駝鳥だちょう 落人おちうど 奥床おくゆか 椎茸しいたけ 疼痛とうつう かご せり まく 人品じんぴん 尾張おわり 所望しょもう 眺望ちょうぼう 花卉かき ひぐらし 光琳こうりん 有之これあり 遠音とおね ざくら 常磐津ときわず はぜ 比喩ひゆ 汁粉しるこ ばく 花活はないけ 行脚あんぎゃ 日脚ひあし 蛇足だそく 西鶴さいかく すし ささ りん 紺屋こうや 河豚ふぐ 音曲おんぎょく あくた 山城やましろ 黒檀こくたん 剣呑けんのん 縹渺ひょうびょう 婆羅門バラモン など 浅薄せんぱく 豌豆えんどう とが 天保てんぽう 虎杖いたどり 到頭とうとう 枝垂しだ 沐浴もくよく 発句ほっく 殊勝しゅしょう 糠雨ぬかあめ