病牀六尺びょうしょうろくしゃく
○病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。僅かに手を延ばして畳に触れる事はあるが、蒲団の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事も出来ない。甚だしい時は極端の苦痛に苦しめられて五分も一寸も体の動けない事がある。 …
作品に特徴的な語句
何処いずれのところか こどごと みずから きわみ いちじるし おこない つぎ ずき たら たかし くるしみ 一日いちじつ 一行ひとつら そこの すなわち 射干ひおうぎ 上掛かみがか うご ここ うるお かたわ えの じん ない ちなみ はく わが いわく ごく 淡白うすじろ ひそ あらわ 鳳梨パインアップル 難有ありがたく ちな 園女そのめ さかん はず 大鼓おおつづみ だいす ねむり ただし あい いたみ もっとも いお 赤蛙あかひき うずく 上手かみて そよ たわむれ もっとも すぎ しろ 一幅いっぷく たとえ たん もた 黄塔きとう おおい 大鷲おおとり あらわ すべから しばら 存生ぞんじょう 順礼じゅんれい かた 居坐いすわ ゆか 建家たてや いたずら また はり 惟然いぜん たしか あわれ はさ あが 野外のはず ちら もつ うかが ふん かけい