“螢籠”のいろいろな読み方と例文
新字:蛍籠
読み方割合
ほたるかご75.0%
ほたるこばん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はの位其處らをずり廻ツたか、またの道をうして來たか知らぬが、兎に角もう螢籠には、螢が、ど寶玉のやうに鮮麗な光を放ツてゐる。
水郷 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
水のような月の光が畳の上までさし込んで、庭の八手らな葉影はく縁端にくずれた。蚯蚓の声もかに聞こえていた。螢籠に吊して丸山さんと私とは縁端に並んで坐った。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
螢籠は一尺に一尺三寸位の長方形、高さは一尺四五寸位もある。四方に黒い薄物のモヂといふ布地を張つたものを與へられてゐた。