“螢火”のいろいろな読み方と例文
新字:蛍火
読み方割合
ほたるび37.5%
けいくわ25.0%
ほたるひ25.0%
けいか12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが、立派のあるはずの螢火ほどのもないので、すぐに註文ちがひといつてねつけられてしまひました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
数日処をさず、一日暴風に水て光りし物所をふ、四五町川下に光りある物螢火の如し。
大小ともに此御といふあたりをさらずして、飛行する㕝あるひはゆるやか、あるひははしる、そのさま心ありてぶが如し。其りは螢火の色にたり。つよくも光り、よはくもひかるあり。
「参考の為めに話して聞かせようか。入学試験に出るかも知れないよ。車胤、貧にして常に油を得ず。夏月練嚢に数十の螢火を盛り、書をして読む。夜を以て日に継ぐ。うだね?」
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)